大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

大川美佐さん国体で準優勝 テニス少年女子 県代表

スポーツ

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする大川さん
賞状を手にする大川さん

 国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」のテニス少年女子決勝が10月2日に行われ、神奈川県が準優勝に輝いた。県代表の一人、大川美佐さん(法政二高3年)は国府小、国府中出身。横浜に住む現在も毎週、大磯テニスアカデミーに通う、地元期待の星だ。

 吉川ひかるさん(湘南工大付高3年)とコンビを組んだ今大会。選手それぞれがシングルスを戦い、1勝1敗となった場合はダブルスで決着をつける大会ルールの中、大川・吉川組は準々決勝までストレートで快勝を続けた。強豪・埼玉と対戦した準決勝ではダブルスまでもつれ込んだものの、この日に向けて練習を重ねてきた2人の息の合ったプレーで勝利を奪い「緊張することなく、終始自分たちのペースを貫けた」と手応えを感じていた。しかし連戦の疲れから、兵庫との決勝では得意とする粘りのプレーが続かず2対0で敗れた。

次のステージへ

 「準優勝できたことは嬉しいが、(同じく準優勝だった)インターハイに続いて、あと一歩届かないという現実がある」と悔しさを滲ませる大川さんだが「反省点もたくさんあるけれど、ジュニアとして出る最後の試合で結果が出せたことはとても嬉しい。友達で、良いライバルでもある吉川にも感謝している。これからは大人と同じステージになるので、大人にも負けないように、また1からチャレンジャーとして頑張っていきたい」とまっすぐに先を見据えた。

 大川さんを指導してきた小野峰樹コーチは「全国の代表が集まる国体で準優勝は見事。今後はさらにスピードやパワーを上げるトレーニングに励み、全国制覇を目指してほしい」とエールを送る。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook