大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

自作カメラで火球撮影 平塚市博物館学芸員 藤井さん

文化

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena
撮影したカメラと動画
撮影したカメラと動画

 火の玉のような大きな流れ星の映像が7月3日に全国テレビなどで取り上げられ、話題になった。その映像は平塚市博物館学芸員の藤井大地さん(34)が、自身で作ったカメラで撮影したものだった。これは火球という現象で、7月2日の深夜に関東の上空で観測された。

 藤井さんは大学時代、カメラの素子やカメラセンサーを研究し、大学院では「宇宙に興味があった」と流星研究に没頭した。家にカメラを設置し、夜空を撮影するようになって10年。現在、平塚市内の自宅には自作のカメラが8台稼働している。

 この8台全ては藤井さん手作りのカメラだ。雑貨店で購入した手のひらサイズのかごの中にカメラやセンサーを取り付け、ふたを接着剤で固定して作った。

SNSなどで話題に

 2日深夜は4台が稼働していたが、火球を捉えたのはわずか1台。藤井さんは毎朝撮影された動画を確認しており、2日の朝にいつも通りチェックすると「明るいのが流れた」と驚いたという。SNSで動画を投稿するとたちまち話題になり、新聞や全国テレビで取り上げられるまでになった。

 博物館のホームページで星座解説の動画などを投稿している藤井さんは「星空の観察は家で楽しめるので、火球をきっかけに空を見上げてほしい」と呼びかけた。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

二宮ブランド直売会

二宮ブランド直売会 経済

23・24日 オリーブ炭配布も

10月22日号

二宮町の阿部選手 プロへ

ドラフト会議

二宮町の阿部選手 プロへ スポーツ

日本ハムが育成4位指名

10月22日号

散策コースとして開放

散策コースとして開放 社会

ロングビーチの一部エリア

10月22日号

コロナ第5波3町で沈静化

二宮小コンビが入賞

小学生陸上

二宮小コンビが入賞 スポーツ

県交流大会で杉山君と原君

10月22日号

まちかど事件簿

まちかど事件簿 社会

大磯警察署・松田警察署

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook