大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

豊作と疫病の終息を祈念 六所神社で「万鍬禮祭」

文化

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
全員がマスクを着用するなど感染予防に配慮して行われた
全員がマスクを着用するなど感染予防に配慮して行われた

 大磯町の六所神社(柳田直継宮司)で7月22日、農具に感謝して豊作を祈念する毎年恒例の「万鍬禮祭」(まんがれいさい)が催された。

祭神と関連か

 万鍬は幅広いフォークを曲げたような形状の鉄の刃の付いた農具で、耕運機が普及するまで田植え前の代搔きで使われていた。同祭は1500年近い歴史を持ち、万鍬に感謝する祭礼は全国でも珍しい。このため柳田宮司は、同社の御祭神・櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の出身地が日本古来の製鉄技術『たたら』のふるさとと言われる奥出雲(島根県)であることから「この地域で最初に鉄器が伝来したのが、ここだったのではないか」と関連性を推測する。江戸時代までは氏子のみの祭だったが、現在は一般にも公開。相模国府祭(こうのまち)を特別な祭としながら、櫛魂祭(くしまつり)を例大祭、万鍬禮祭を中祭として催している。

伝統を守り継ぐ

 今年は新型コロナウイルスの感染予防に配慮して、参列者を平時の約70人から役員18人に絞り、全員マスク着用で行われた。宮司による祝詞奏上では五穀豊穣とともに、はやり病の一日も早い終息が祈念され、宮総代や氏子総代、各地区の区長ら参列者が玉串奉奠を行って同様の祈りを捧げた。祭礼後、柳田宮司は「現在はその役目を終えているが、木や青銅に比べて何倍も能率の良い万鍬が広まったおかげで、今の我々の暮らしがある。この伝統を大切に守り継いでいきたい。また皆様がこの夏を健康に過ごし、秋には多くの人に実りがもたらされるよう願っている」と話した。
 

田植え前の代搔きに使われていた「万鍬」
田植え前の代搔きに使われていた「万鍬」

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

近隣市から参加も

近隣市から参加も 社会

大磯町で体験ツアー

12月3日号

教育委員に末續選手

教育委員に末續選手 政治

大磯町議会 12月定例会

12月3日号

想像力豊かに表現170点

想像力豊かに表現170点 文化

二宮町図書館で子ども作品展

12月3日号

優良農産物を寄付

優良農産物を寄付 経済

二宮町の品評会に111点

12月3日号

NDC教育の成果披露

NDC教育の成果披露 教育

国際的イベントで大磯町

12月3日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

輸入生地の小物など展示

輸入生地の小物など展示

木版画家による手仕事作品

12月3日~12月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook