神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

「3密」避け、避難所宿泊 中井町民と職員が防災訓練

社会

公開:2020年11月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
感染症対策で体育館にテントを設営する参加者(中井町提供)
感染症対策で体育館にテントを設営する参加者(中井町提供)

 災害時の心構えや適切な判断力を身に着けるために、中井町は井ノ口小学校で10月24日から25日にかけて宿泊を伴う防災訓練を実施した。同小学校区にある自治会から町民9人と、地域防災課などの町職員8人が参加。新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮した指定避難所の開設から運営までの一連の対応を確認した。

 訓練は、相模トラフを震源とするマグニチュード8・2の大規模地震が発生し、町内で家屋や人命、ライフラインなどに被害が及んだことを想定。避難者役の町民が体育館にやって来ると、町職員が入口で検温と体調に関する聞き取りを行い、受け付けの手順を確かめた。

 参加者は非常用電源や防災倉庫の備蓄品、貯水槽などを点検。避難所生活に不可欠な簡易トイレとごみの集積場を設けた。「3密」を避けて避難所内にテントを設営し、換気と消毒作業を心掛けて一晩を過ごした。また、難しい判断を迫られる災害時の様々な状況を疑似体験する図上訓練や、非常食の試食と防災安全専門員による講話、1人でもできる負傷者の搬送訓練なども行った。

 プログラムの最後の意見交換会では参加者から「避難所に宿泊してみて、事前準備の大切さを実感した」「参考になる内容が多く、避難方法や自治会で必要な物品について考えるきっかけになった」などと感想が寄せられた。

もしもに備え救命方法学ぶ

 31日には農村環境改善センターで防災リーダー養成の普通救命講習があり、町内の自主防災会から町民9人が参加した。足柄消防署中井出張所の職員を講師に招き、検温やこまめな消毒などの感染症対策を講じながら、胸骨圧迫による心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方などを学んだ。

ソーシャルディスタンスを取って心肺蘇生の方法を学ぶ受講者(同町提供)
ソーシャルディスタンスを取って心肺蘇生の方法を学ぶ受講者(同町提供)

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

釣り・ごみ拾い SNS投稿で景品

釣り・ごみ拾い SNS投稿で景品

大磯フィッシングフェア

6月21日

落語で笑おう

湘南百番寄席

落語で笑おう

立川志遊・談笑兄弟会

6月21日

届く声援 部署を越えて

SEISA OSA RHEA選手がいるまち

届く声援 部署を越えて

大磯町役場勤務 針生理菜さん

6月21日

アオバトを学ぼう

アオバトを学ぼう

6月30日に講演会

6月21日

マルシェ出店農家募集

大磯町

マルシェ出店農家募集

7月6日コネクトで開催

6月21日

平田オリザさん講演

平田オリザさん講演

中井町で7月6日

6月21日

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook