大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

ドラフト会議 二宮町の阿部選手 プロへ 日本ハムが育成4位指名

スポーツ

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
持ち前の負けん気で支配下選手を目指す
持ち前の負けん気で支配下選手を目指す

 プロ野球のドラフト会議が10月11日に都内で開かれ、二宮町出身で平塚学園3年の阿部和広さん(18)が、北海道日本ハムから育成4位で指名された。同校からの指名は、昨年の高田孝一投手(平塚学園―法政大―東北楽天)に続き2年連続。阿部さんは、座右の銘を引き合いに「泥臭く野球に取り組み、一軍の試合を目指したい」と意気込んでいる。

 阿部さんは二宮小5年の時に地元チーム「二宮フェニックス」で野球を始めた。当時から俊足の持ち主で、二宮中時代は50mを5秒80で走った。

 野球選手にとって健脚は武器だ。平塚学園では1番打者として活躍。「単打でも足でツーベースヒットに」を心がけ、公式戦では盗塁を量産。守っては不動の中堅手として脚力をフル稼働。広い守備範囲を誇った。

目標は周東選手

 プロを志したのは、部活動を引退した昨年9月。自分の夢を追うことを決め、今日までトレーニングを続けてきた。

 ドラフト会議の吉報はスマホで知った。「画面に自分の名前が出た時はびっくりしました。今もうれしさより驚きが大きいです」と振り返る。

 高校卒業後、プロの世界へ飛び込む阿部さんは当面、二軍の試合で結果を出し続け、一軍の試合に出場可能となる「支配下選手」を目指す。

 目標とするプロ選手は、育成選手から日本代表に登り詰めた周東佑京選手(福岡ソフトバンクホークス)という。

 「高校の監督や仲間、中学時代の恩師や家族など、育成指名を多くの人が喜んでくれました。皆さんの想いに全力プレーで応え、上を目指していきたいです」。二宮町から生まれた韋駄天の挑戦が始まる。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook