秦野版 掲載号:2011年1月22日号
  • googleplus
  • LINE

"タイガー運動"秦野にも 「伊達さんのように」と女性が寄付

社会

寄付金を預かる市保育課の職員
寄付金を預かる市保育課の職員

 漫画「タイガーマスク」の主人公、伊達直人を名乗り、匿名で児童養護施設などへ寄付をする動きが、全国的に広がっている。秦野市でも今月13日、女性が市役所を訪れ「今報道されている伊達さんのように、子どもたちのために役立てて欲しい」と、匿名で寄付をした。市によると、タイガーマスクに関する報道が始まって以降、子ども育成を目的とした寄付は、今回が初めてだという。

 対応した市地域福祉課によると、女性は硬貨3万7000円を入れたビニール袋を持参し「ランドセル2個分くらいのお金だけど」と手渡したという。同課の取り扱う寄付は福祉事業だったことから、女性の意向に沿い、市内の保育園や児童館など子ども育成事業機関を管轄している保育課で受け取ることになった。同課は「具体的な使い道を今後相談し、有効に使わせていただきたい」と話した。

 また古谷義幸市長は「世の中がパサパサに乾いている時代に、大変心温まるお心を頂き、本当にありがたいことだと思っております」とコメントした。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク