ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 秦野精華園とコラボ

秦野

東海大生

秦野精華園とコラボ

春の新作パン2種を学内で発売
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
手づくりパンを買い求めた
手づくりパンを買い求めた

 東海大学チャレンジセンター障害者自立支援プロジェクト「パンdeラポール」と社会福祉法人かながわ共同会秦野精華園は、共同で「春の新作パン」を開発、5月31日から同大学の湘南キャンパスで販売を始めた。

 今回新発売された商品は、フランス語でキャベツを意味する「シュー」と、メンチカツを合わせてネーミングした「シューカツ」と、カレー入り生地とチョリーソーの激辛パン「レッドホットチョリペッパー」。どちらも食べ応えのある大きさとなった。購入した学生も「大きいね、名前もおもしろい」などと話した。

 同プロジェクトは、障害者の自立支援とともに、障害者に対する理解ある社会づくり、大学の人材育成などを目的に2007年に発足。これまでに、「パンdeラポール」のロゴデザインや、移動販売車の製作などを行ってきた。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野