ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 北小児童が森林体験学習

秦野

北小児童が森林体験学習

戸川公園で下草刈り
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
ヤマビルの忌避剤を撒きながら2人1組で作業に当たる
ヤマビルの忌避剤を撒きながら2人1組で作業に当たる

 県立秦野戸川公園(堀山下)で6月17日、市立北小学校(小澤博校長)の5年生128人が森林体験学習として下草刈りを行った。 この活動は、大正13年から行われていた学校林の植林、下草刈りが始まりで、昭和61年からカリキュラムとして行われている。昨年の全国植樹祭の際には国土緑化推進機構理事長賞を受賞した。

 生徒たちは同校から約2Km歩いて現場に到着。手鎌の使い方、ヤマビルの注意など説明を受けた後、汗だくになりながらも2時間ほど作業に当たった。参加した生徒たちは「疲れたけれど楽しかった」「鎌を使うのは面白かった」と話した。

 指導者として北財産区、地元森林組合、県や市の森林課、PTAなどが協力。

 同校は今後も継続して森林体験活動を実施する予定。1月には6年生が学校林の間伐を行う。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野