ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 農業後継者と意見交換

秦野

農業後継者と意見交換

古谷義幸市長が圃場を視察
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
工場内で高梨さん(右)の説明を受ける古谷市長
工場内で高梨さん(右)の説明を受ける古谷市長

 若手の農業後継者が自分たちの取組みをPRし、古谷義幸市長と意見交換することで新たな視点や発想を持ってもらおうと7月11日、古谷市長が農業後継者の若者で作るクラブ「秦友会(高橋浩一会長)」のメンバーの圃場2カ所を視察した。

 これは市内の企業や自治会などの現場を古谷市長が訪問し、実際の活動や取り組みを視察して意見交換をする取組「こんにちは市長です」の一環として行われたもの。

 古谷市長はこの日、まず堀山下の村上トマト園を訪問し、圃場を視察した。続いて菩提の高梨茶園を見学し、茶畑や工場を視察。同園の後継者高梨晃さんの説明を受けながら、お茶の製造現場を見て回った。その後、一行は菩提の表丹沢野外活動センターへ移動。バーベキューを行いながら交流会を開催し、意見交換を行った。

 高梨さんは「市や観光協会と協力し、農業に観光を取り入れて集客に繋げたい」と提案。古谷市長は「若い方から積極的に意見が出るのは嬉しいこと。協力できることはしていきたい」と振り返った。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野