ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 230鉢のハスの花

秦野

230鉢のハスの花

寺山の相原稔さん宅
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
丹精込めて育てたハスの花と相原さん
丹精込めて育てたハスの花と相原さん

 寺山在住の相原稔さん(84)が自宅の庭で育てている230鉢のハスの花が、見ごろを迎えている。

 相原さんは、趣味として27年ほど前からハスの栽培を始めた。徐々に種類も増やし、現在は純白の花の「巨椋の曙(おぐらのあけぼの)」、ピンクが混じった「巨椋の斑(おぐらのまだら)」など65品種に。

 なかでもやっと10年前に手に入ったという貴重な品種が、約2000年前の遺跡から発見された種を発芽・開花させた「大賀ハス」。この日も可憐な淡いピンク色の花を咲かせていた。

 「毎年3、4月にすべての鉢の根を植え替えるのがひと苦労」と相原さん。さらに夏場になると、半日がかりで1鉢ずつに水やりをしている。

 ハスの花は早朝5時ごろから咲き始め、8時ごろを盛りに10時くらいまでが美しいという。時期は8月上旬まで楽しめる。

 相原さんの自宅は東中学校のすぐ隣で、見学もさせてくれる。
 

  • 大賀ハスの花大賀ハスの花

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野