ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > ヤマビル対策を学ぶ

秦野

ヤマビル対策を学ぶ

北地区で初の研修会
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
生態や対策を解説
生態や対策を解説

 里山を中心に吸血被害が増えているヤマビルの対策として7月25日、北公民館で地域住民を対象にヤマビルの研修会が開催された。農業組合や観光団体関係者以外の一般市民を対象とした研修会は、今回が初の実施となる。

 秦野市では豊富な地下水に配慮して、落ち葉かきや里山整備など薬剤を使わないヤマビル対策を実施している。しかし、ニホンジカやイノシシに付着したヤマビルによって生息地域が拡大し、担当の市環境保全課には以前から市民向け研修会の要望が寄せられていた。

 そこで同課では、平成17年からヤマビル調査を依頼しているヤマビル研究会の谷重和氏を講師に招き、環境に配慮した薬剤の紹介やヤマビルの生態などを解説。質疑応答の時間には「血を吸われたらどうしたらよいのか」「犬や猫もヤマビルはつくのか」など多くの質問があがった。同課では「他の地域でも開催していきたい。ヤマビル対策ガイドも配布しているので、周知を続けていきます」と話した。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野