秦野版 掲載号:2012年1月7日号

秦野名水ロータリー

ふるさと小包で復興支援

「秦野から被災地にエールを」と神崎会長
「秦野から被災地にエールを」と神崎会長

 秦野名水ロータリークラブ(神崎達朗会長)が昨年の12月15日、東日本大震災における東北復興支援を兼ねたクリスマス家族親睦会を行った。

 この会は、毎年同クラブが会員の家族を含めた親睦を深めるために行われているもの。今年は被災地の復興支援を兼ねて行われ、会員とその家族、約100人が参加した。

 同クラブでは、各会員に呼びかけ、郵便局のふるさと小包を用いて被災地の品物を購入する支援を行った。クリスマス会当日の時点で、購入金額は総額30万円。これは、お金の支援だけでは出来ない、被災者の心の支えになるような支援、実際に被災地の経済の活性化に繋がるような支援を行うという意図で企画された。神崎会長は「これからも被災地への支援を続けたい」と挨拶した。
 

関連記事powered by weblio


生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク