秦野版 掲載号:2012年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

給食で「ありがとう」伝える 広畑小が長寿会や自治会招く

会話が弾む楽しい給食
会話が弾む楽しい給食

 広畑小学校(北村芳子校長)で6月20日、下校時の防犯パトロールに感謝する目的で、下大槻団地長寿会(菊地繁雄会長)と児童が給食で交流する「ありがとう会食」が開催された。

 これは同会や下大槻第一自治会、下大槻第二自治会、下大槻南平自治会といった同小学校周辺の団体が下校パトロールなどの地域貢献をしているため、感謝の気持ちを伝えようと各団体を学校へ招き、給食で交流を図るもの。

 この日は同長寿会の5人が2年1組の23人と給食を食べることに。児童と食事をしながら和気あいあいと会話をするなど、終始和やかな時間を過ごした。

 菊地会長は「子どもたちと話すと気持ちが若返るし、とても楽しい。今後も交流を続けていきたい」と振り返った。同会の石渡司郎さんは「街で保護者の方から声をかけられるなど、児童との交流によって地域の輪が広がったと感じる」と話した。北村校長は「お互いが顔見知りになることで、日常生活の中で防犯にもなる。本当に感謝」と振り返った。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク