秦野版 掲載号:2012年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

盆の辻作り 南公民館で体験

辻に手を合わせる子ども
辻に手を合わせる子ども

 南公民館で7月7日、親子伝承講座「盆の辻作りと流しそうめん」が行われ、約60人の親子や中学生が参加した。

 南地区の盆は市内他地域と比べて1カ月ほど早く、7月13日から16日までが盆にあたるという。同講座は、伝統が失われつつある中で、昔から伝わる秦野の盆の風習とその意味を親子で学び体験することを目的としたもの。

 地域の指導員の協力のもと、子どもたちは細い竹を切って、同館の忠魂碑前に辻を作成し、線香を供え手を合わせる姿も。辻作りを体験した古性真知(ふるしょうまなと)くん(6)は「竹を切るのが面白かった」と笑顔を浮かべた。

 また、13日には先祖にそうめんを供え、家族も食べるという風習があり、同講座では流しそうめんにすることで参加者の目と舌を楽しませた。子どもたちは流れてくるそうめんを必死に掬い上げ頬張っていた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク