秦野版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療安全推進週間イベント 秦野赤十字病院 医療について分かるまで聞こう 市民公開講座「若さをとりもどせ!」も開催

解説する同病院の齋藤院長
解説する同病院の齋藤院長

 秦野赤十字病院では、厚生労働省が主催する医療安全推進週間に合わせ、11月30日(金)まで1階ロビーで「Safty わかるまで聞こう話そう伝えよう〜安心・安全な医療を共にめざして」を開催している。ロビーには医療の安全に関して【1】「お薬手帳の活用」、【2】「患者間違いの防止」、【3】「転倒・転落の防止」、【4】「内視鏡の消毒方法の改善」の4つのブースを設け、同病院の担当者が直接来場者に分かりやすく説明する。また、転倒予防体操の実演と、転倒・転落防止グッズの展示なども行われる。時間は午前9時から11時30分(展示は終日)。同病院では「これからの安心・安全な医療を市民の皆様と共に考えるきっかけとしたい。医療の安全について何でも分かるまでご質問ください」と話す。

「自分でできるボディ・メンテナンス」

 また、同病院では12月11日(火)、2階講習室で第28回市民公開講座を開催する。今回のテーマは「若さを取りもどせ!〜自分でできるボディ・メンテナンス〜。時間は13時30分から14時30分(受付開始は13時)。定員は申込み先着順で80人。参加費無料。電話または同病院のホームページからの事前申込みが必要。

 今回の講座では、リハビリテーション課の吉田稔理学療法士が講師を務める。

 「肩こりや腰痛、冷えやむくみなどの悩みの原因はもしかすると姿勢の悪さや体のゆがみ、歩き方のクセなどが関係しているかもしれません。私たちの体も自分自身で早めのメンテナンスができれば若さを取り戻すことが可能ではないでしょうか?今から始めれば、来年にはもっと生き生き。この機会に是非ボディ・メンテナンスを覚えてください」と話す。

■秦野赤十字病院地域医療連携室(平日8時半〜17時)

【電話】0463・81・0719

http://www8.ocn.ne.jp/˜hadanorc/
 

秦野赤十字病院 地域医療連携室

秦野市立野台一丁目1番地

TEL:0463-81-0719

http://www8.ocn.ne.jp/~hadanorc/

秦野版のピックアップ(PR)最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク