秦野版 掲載号:2012年12月6日号
  • googleplus
  • LINE

飲食店組合 年越しそばを振舞い 毎年恒例 授産施設へ

できたての天ぷらそばに舌鼓
できたての天ぷらそばに舌鼓

 市内約300の飲食店が加盟する秦野飲食店組合(川口浩太組合長)が11月27日、戸川の知的障害者授産施設「松下園(社会福祉法人寿徳会)」で施設利用者や職員に、天ぷらそばやうどんを振舞った。

 同組合が、ひと足早い年越しそばを食べてもらおうと30年以上続けている恒例行事だ。

 当日、施設の厨房で、プロの料理人が慣れた手つきで天ぷらやそばを調理。利用者は、出来立てのそばを食べながら「美味しい」などと笑顔で話した。

 寿徳会・久保谷勤理事長は、「食は利用者さんにとって最大の喜び。季節を感じる催しでもあり、飲食店組合さんに感謝している」と話した。

 川口組合長は「地域で商売させていただいている恩返しのひとつ。今後も継続していきたい」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク