秦野版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

秦野JCが50周年 サイクルシティ構想掲げ

「50周年に相応しい事業を展開する」と大屋理事長
「50周年に相応しい事業を展開する」と大屋理事長

 公益社団法人秦野青年会議所(大屋崇理事長・秦野JC)が創立50周年を迎え、5月23日に秦野市文化会館で記念式典が行われた。

 秦野JCは40歳までの青年事業家からなるまちづくり団体。1963年、全国で233番目のJCとして設立された。初期は水無川の水質調査など環境について取り組み、その後はたばこ祭での「ジャンボ火起こし綱引きコンテスト」など、様々な活動を行っている。

 式典には秦野JCのほか歴代理事長、来賓など約200人が出席した。大屋理事長は「一人ひとりの意識を変えることが、秦野を変える運動に繋がると信じている。有益な団体であることを示すため、活動を続けていきたい」と挨拶。続いて、古谷義幸秦野市長や関野義一秦野商工会議所会頭らの来賓挨拶、歴代理事長の紹介などが行われた。

 その後の懇親会では、記念事業を発表。自転車の活用をめざす「はだのサイクルシティ構想」を掲げた。関連イベントは11月頃を予定しているという。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク