秦野版 掲載号:2013年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

地域連携で観光客を誘致 秦野など5市町村で

社会

古谷市長(右から2番目)ら5人の首長が、並んで協定書に調印した
古谷市長(右から2番目)ら5人の首長が、並んで協定書に調印した

 7月22日秦野市役所で、秦野市、厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村の5市町村による2013年度広域行政連絡会総会と観光振興協定調印式が開催された。

 今回の協定は新東名や圏央道の整備が進む中、これら地域一帯を魅力ある観光地としてブランド化し、集客力の向上を図り、地域経済の振興と地域社会の活性化を推進しようという目的で締結された。横に並んだ古谷義幸秦野市長、小林常良厚木市長、高山松太郎伊勢原市長、山田登美夫愛川町長、大矢明夫清川村長の5人は、次々と協定書に署名した。

 今回の協定により、5市町村を「県央やまなみ地域」とし、新たな観光客を誘致するために既存の観光資源を活用した観光地づくりを進める。今後は観光周遊ルートの設定や体験プログラムの実施、インターネットや広域観光ガイドブックなどによる情報発信、新たな観光資源の開発などに取り組むとした。手始めに今年度はスタンプラリーを実施する計画だという。

 小林常良厚木市長は「これからの時代、観光は各自治体単独で取り組んでも難しい。それぞれのセールスポイントを活かしながら足並みをそろえて、地域全体への観光客誘致につなげたい」などと話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク