秦野版 掲載号:2013年10月24日号
  • googleplus
  • LINE

文化財を特別公開 11月1日から4カ所で

特別公開される木造二王立像
特別公開される木造二王立像

 秦野市内で11月1日(金)から4日(月)まで、一般を対象とした指定文化財の特別公開が行われる。期間中は宝蓮寺(蓑毛674)、円通寺(寺山780)、金蔵院(西田原337)、桜土手古墳展示館(堀山下380の3)の4カ所で、普段は非公開となっている文化財を見学することができる。

 宝連寺では、県内に現存する最古級の木造二王立像や木造五智如来坐像など4つの指定文化財を公開。ここでは同寺、秦野みのげ文化の会の協賛によって、仏像説明員の案内が受けられるほか、茶席、写経や写仏の体験、販売などが行われるという。

 また、桜土手古墳展示館では、4年ぶりとなるニホンオオカミの頭骨を公開。そのほか、9月27日に市の重要文化財に指定された「銀装圭頭大刀」も同時出土した遺物36点とあわせて展示される。

 時間は午前10時から午後3時まで。桜土手古墳展示館は午前9時から午後5時(入館4時30分)まで。問い合わせは市生涯学習課文化財班【電話】0463・87・9581へ。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク