秦野版 掲載号:2014年9月11日号
  • googleplus
  • LINE

涙流しても足止めず 若木保育園 富士登山

天候が悪い中頑張る子どもたち
天候が悪い中頑張る子どもたち

 若木保育園(金子義男園長)の5歳児16人とその保護者が8月24、25日、同園の恒例行事となっており、今回で34回目となる富士登山を行った。

 同園で行った出発式では、1人ひとりが富士山で何をしたいかを発表。「雲を食べたい」という子どもらしい発表もあった。

 5合目から登り始めた一行は7合目の山小屋に宿泊。夕食は卒園児の保護者などの有志で構成されるボランティアスタッフ手作りのカレーうどんを食べ冷えた体を温めた。

 頂上までの登山時は天候が悪く、中には泣き出す子どももいたが、涙を流しながらも足を休めることなく、懸命に歩き続けたという。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク