秦野版 掲載号:2015年2月21日号 エリアトップへ

こたつで作るつるし飾り 曽屋・富永さんの冬の嗜み

文化

掲載号:2015年2月21日号

  • LINE
  • hatena
これまで作ったつるし飾りの前で小物を縫う富永さん
これまで作ったつるし飾りの前で小物を縫う富永さん

 ひな祭りを華やかに彩る「つるし飾り」。曽屋在住の富永英雄さん(67)=人物風土記で紹介=は4年前から毎年この時期に独自のつるし飾りを作っている。

 つるし飾りは江戸時代後半から福岡や静岡、山形で伝えられてきた風習。桃の節句に、高価な段飾りの代わりに娘や孫の成長を願い着物の端切れで人形を作ったのが始まりとも言われている。「這い子人形」は子供の成長、「鶏」は長寿や健康などそれぞれの小物にいわれがあり、願いを込めた小物を赤い紐でつなげる。富永さんは55種類の小物を作るという。

 4年前、菊愛好家の富永さんは休耕期の冬にできる趣味を探していた。偶然つるし飾りを見かけ、「これだ」と思い立ち、慣れない針を握った。「裁縫はほつれたボタンを直すくらいしかやったことがなかったが、やり始めたらはまってしまった」と富永さん。初めは教本を見ながら作っていたが、次第に独自のやり方でコツを掴み、今では一連を約1週間で仕上げるほどの腕前になったという。

 作業は毎年11月〜2月頃こたつの中で行う。手芸専門店で買ってきたちりめん布地にペンで型どおりに線を引き、その1㎜内側で切り取る。小物7つと小さなまりを赤い紐に交互に通し一連を仕上げていく。「綿が出ないよう縫い目をなるべく細かくするのが奇麗に仕上げるコツ」だという。

 これまでに作った本数は100連以上。「妻の友人や入院中にお世話になった先生にも渡した。あげた人に喜ばれるのが嬉しい」と富永さんは話す。
 

富永さんがお気に入りの小物
富永さんがお気に入りの小物

秦野版のローカルニュース最新6

ハート展

ハート展 文化

12月9日から

11月26日号

食品ロス対策学ぶ

蔵の仲間たち展

自然素材のリース展示

自然素材のリース展示 文化

くずはの家で11月27日から

11月26日号

12月イベント情報

万葉の湯 はだの館

12月イベント情報 社会

11月26日号

“笑運動会”で再会喜ぶ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook