秦野版 掲載号:2015年4月11日号 エリアトップへ

出雲大社 復興祈り 花見を開催 参加費は被災地へ

文化

掲載号:2015年4月11日号

  • LINE
  • hatena
桜の下、集い語らう参加者
桜の下、集い語らう参加者

 出雲大社相模分祠(草山清和宮司)の境内で4月2日、東日本大震災の復興祈願祭と大花見会が開かれ、子ども連れなど100人以上が参加した。午後5時、参加者が参列し祈願祭が執り行われた。草山宮司は「このような祭り事を通して、何かがあったときにここへ集まり、皆が心を1つに助け合うことができるよう企画しています。桜の花は日本人の心。今日はゆっくり楽しんでください」と呼びかけた。

 また、4月から同神社で働き始めた十王舘(じゅうおうだて)勲さん(54)が挨拶を行った。十王舘さんは2011年に岩手県の大槌町で被災。「自分の神社に避難して来た地元住民約130人を5カ月間、広間や社務所などで受け入れていた」と苦労を語った。

 花見が始まると、参加者が十王舘さんに「頑張ってください」などと声をかける場面も。参加者は振る舞われた豚汁などを味わいながら、会話に花を咲かせていた。花見に参加した68歳の男性は「今日は少し寒かったが、花を見て美味しくごちそうになりました」と笑顔で話した。

 集められた花見の参加費16万6千円は宮城県名取市と岩手県大槌町に寄付されるという。

秦野版のローカルニュース最新6

境内に茅の輪 がお目見え

境内に茅の輪 がお目見え 社会

出雲大社相模分祠で

6月18日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月30日〜6月5日

6月18日号

平和願う千羽鶴募集

平和願う千羽鶴募集 社会

7月9日まで

6月18日号

田植えにチャレンジ

広畑小5年生

田植えにチャレンジ 教育

農家・青木さんの田んぼで

6月18日号

ピアノデュオにうっとり

クアーズテック秦野カルチャーホール

ピアノデュオにうっとり 文化

200人が来場

6月18日号

64歳以下の予定決まる

新型コロナワクチン

64歳以下の予定決まる 社会

10月末までに接種完了へ

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter