秦野版 掲載号:2015年4月11日号 エリアトップへ

出雲大社 復興祈り 花見を開催 参加費は被災地へ

文化

掲載号:2015年4月11日号

  • LINE
  • hatena
桜の下、集い語らう参加者
桜の下、集い語らう参加者

 出雲大社相模分祠(草山清和宮司)の境内で4月2日、東日本大震災の復興祈願祭と大花見会が開かれ、子ども連れなど100人以上が参加した。午後5時、参加者が参列し祈願祭が執り行われた。草山宮司は「このような祭り事を通して、何かがあったときにここへ集まり、皆が心を1つに助け合うことができるよう企画しています。桜の花は日本人の心。今日はゆっくり楽しんでください」と呼びかけた。

 また、4月から同神社で働き始めた十王舘(じゅうおうだて)勲さん(54)が挨拶を行った。十王舘さんは2011年に岩手県の大槌町で被災。「自分の神社に避難して来た地元住民約130人を5カ月間、広間や社務所などで受け入れていた」と苦労を語った。

 花見が始まると、参加者が十王舘さんに「頑張ってください」などと声をかける場面も。参加者は振る舞われた豚汁などを味わいながら、会話に花を咲かせていた。花見に参加した68歳の男性は「今日は少し寒かったが、花を見て美味しくごちそうになりました」と笑顔で話した。

 集められた花見の参加費16万6千円は宮城県名取市と岩手県大槌町に寄付されるという。

秦野版のローカルニュース最新6

あおり運転罰則強化

あおり運転罰則強化 社会

10項目を定義

7月3日号

子どもの市展 作品募集

子どもの市展 作品募集 文化

受付は9月4日・5日

7月3日号

総合防災訓練一部中止に

総合防災訓練一部中止に 社会

新型コロナ拡大防止のため

7月3日号

市民相談が一部再開

市民相談が一部再開 社会

7月から対面も

7月3日号

アートに向き合う作品展

アートに向き合う作品展 文化

イラストレーターが個展

7月3日号

駅前の憩いの場 キレイに

にぎわい創造まちづくり

駅前の憩いの場 キレイに 社会

常盤橋から桜橋まで清掃

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏休み自然教室

夏休み自然教室

くずはの家が参加者募集

7月23日~8月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク