秦野版 掲載号:2015年10月29日号
  • LINE
  • hatena

長沢正巳さん 0・7秒の軌跡 太陽横切る「ISS」撮影

社会

太陽面を通過するISSとISS拡大(右)
太陽面を通過するISSとISS拡大(右)
 ISS(国際宇宙ステーション)が太陽面を横切る光景を、湘南天文同好会の長沢正巳さん(59・秦野市河原町)が撮影した。

 長沢さんは10月18日午前8時、自宅の庭に減光処置をした天体望遠鏡を太陽面に向けて設置。撮影時刻の午後0時44分を待った。

 しかし、朝は一片の雲も無かった秋空に午前10時を過ぎると雲が広がり、太陽を隠してしまったという。

 400Km上空に浮かぶISSは秒速8Kmという超高速で移動しているため、太陽面通過に要する時間はわずか0・7秒。刻々と撮影時刻が迫る中、太陽を隠していた雲が1分前に消え去り撮影は無事完了した。

 撮影は、カメラの液晶画面で確認してからシャッターを押しても間に合わないため動画モードで行われた。撮影後、長沢さんはすぐに部屋のパソコンで画像を確認。「PCモニター上に黒いISSが写っていた時は感動しました」と喜びを語った。

 長沢さんは撮影写真をJAXA(宇宙航空研究開発機構)のホームページに投稿。現在同ホームページ上(宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター内)でも紹介されている。

秦野版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

福を集めるミニ熊手が完成

逆走車に事故懸念の声

東海大駅前でツリー点灯

秦野ドリームスが優勝

コミタク乗車で特典

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク