秦野版 掲載号:2015年11月21日号
  • LINE
  • hatena

南矢名下部第三 防災マップの充実化へ 東海大と連携し作成

社会

自治会や東海大、関係者団体などが参加した
自治会や東海大、関係者団体などが参加した
 南矢名下部第三自治会(高橋栄一会長)が東海大学と連携し、今年5月に地域の防災マップを作成。そのフォローアップが11月14日、南矢名下部自治会館で行われた。当日は自治会や子供会、長寿会の代表、同大学生などのほか、初めて障害者団体、弘済学園の職員らが参加。同大土木工学科の梶田佳孝准教授の指導のもと、3班に分かれて地域の調査を行った。

 前回は地域の危険個所を確認し、避難場所に安全に辿り着けるよう避難ルートを作成。自治会内43班の班長に配られ、災害時に活用されることになっている。今回はこの防災マップを充実させるため、消火栓や広場など、防災上役に立つ情報をプラスしていった。

 調査後は、班ごとに結果を発表。また、障害者団体が参加したことにより、設定した避難ルートに坂道が多く「障害者では無理なルートがあることが分かった」という意見も上がった。今後は今回分かった課題を踏まえ、マップの検討を行う予定。高橋会長は「多くの自治会が、自分の地域の実態を調査し、減災に役立ててほしい」と話していた。

秦野版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

福を集めるミニ熊手が完成

逆走車に事故懸念の声

東海大駅前でツリー点灯

秦野ドリームスが優勝

コミタク乗車で特典

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク