秦野版 掲載号:2015年12月17日号
  • LINE
  • hatena

さかえちょう公園 イルミ壊される 「残念で悔しい」

社会

顔の部分が壊されたオブジェ(上)と壊される前
顔の部分が壊されたオブジェ(上)と壊される前
 さかえちょう公園(秦野市栄町)内で展示中のイルミネーション付きオブジェが、12月14日から15日に、何者かに壊された。

 同所では、5日から24日(木)まで第6回イルミネーションフェスティバルを開催している。被害にあったオブジェは、市障害者事業推進センター会員の事業所が製作したものだ。

 公園内に事務所がある同センターによると、14日午後8時時点では異常がなく、15日午前9時に出勤した際に、顔の部分が折られたり、ツリーの中央部分に穴が空けられたりしている被害を発見した。同センターはすぐに警察に通報。被害状況の確認や公園内の防犯カメラの画像チェックは済んでいるという。

 同センターの越光森茂事務局長は「残念で悔しくてしかたがない」と憤る。オブジェは応急の修復が施され、イベント最終日まで飾られるという。

秦野版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

福を集めるミニ熊手が完成

逆走車に事故懸念の声

東海大駅前でツリー点灯

秦野ドリームスが優勝

コミタク乗車で特典

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク