秦野版 掲載号:2015年12月24日号
  • LINE
  • hatena

秦野市の熊本県人会 被災地へ福祉車両寄贈

社会

福祉車両と(左から) 本庄会長、戸羽市長、森会長
福祉車両と(左から) 本庄会長、戸羽市長、森会長
 秦野市の熊本県人会(森和己会長)が12月5日、神奈川プリフェクチャーライオンズクラブ(本庄純会長)と協力して購入した福祉車両を、東日本大震災の被災地である陸前高田市へ寄贈した。森会長らは陸前高田市で贈呈式に参加。戸羽(とば)太(ふとし)市長に直接車両を届けた。

 同県人会は7年ほど前から秦野市内のイベントで「とんこつ風味の焼きそば」等を販売して得た収益を貯蓄。「いつか車いすを必要な所へ寄付できたら」と考えていたが、今回、同クラブと協力し、福祉車両の寄贈に至ったという。

 森会長は「復興はまだまだ。現地の人と話す中で忘れてはいけないと感じた。今後も焼きそばを売りながら、何らかの形で協力できたらと思う」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

福を集めるミニ熊手が完成

逆走車に事故懸念の声

東海大駅前でツリー点灯

秦野ドリームスが優勝

コミタク乗車で特典

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク