秦野版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

西中学校 日立OBが授業を支援 理科の「つまずき」体験でなくす

教育

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
支援員の説明を聞きながら、回路をつなぐ生徒
支援員の説明を聞きながら、回路をつなぐ生徒

 秦野市立西中学校(関野信好校長)で1月19日、日立製作所OB9人が理科授業支援員として、2年生6クラスの理科の授業に参加した。同校は今年度、市内初のコミュニティスクールに指定され、地元企業等と連携した学力保障を活動の一環としている。

 授業テーマは「抵抗と電流の関係を見つけよう」。並列回路と直列回路での抵抗の大きさの違いや、抵抗の大きさと電流の大きさの関係を理解する単元だ。

 この日のため、支援員らはオリジナル教材を制作。同社で企業用コンピューターを担当していたプロの設計士も参加し、「学校の先生と打ち合わせを重ね、生徒が理解しやすい方法を練った」という。

 教諭の説明を聞いた後、生徒らは9班3〜4人ずつに分かれ、支援員の助言を受けながら自分の手で回路を組み立て、抵抗や電流の変化を目で確かめていった。

 授業後、生徒の一人は「すぐそばに支援員の人がいてくれたので、分からない所をすぐ聞けたのがよかった」と笑顔で話した。

 川口博人教頭は「生徒がつまずきやすい理科の電気分野だが、生徒たちが触って自分の目で確かめることで、電気の面白さに触れていたように思う」と話した。

 授業支援は1クラスにつき全3回行われる予定。

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

地域の健康の担い手として

地域の健康の担い手として 政治

秦野市食生活改善推進団体会長 飯田あや子

1月21日号

スイセンが見頃

スイセンが見頃 文化

震生湖弁財天近くで

1月21日号

坡州との交流の架け橋

坡州との交流の架け橋 社会

秦野・坡州友好協会会長 福森登

1月21日号

クラコンピアノで入賞

クラコンピアノで入賞 教育

下落合 クレッセントの2人

1月21日号

チア全国でW優勝

市内在住の吉浦姉妹

チア全国でW優勝 スポーツ

1月21日号

こども園に市長選啓発物

秦野市明るい選挙推進協議会

こども園に市長選啓発物 社会

園児通し保護者に周知

1月21日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook