秦野版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

「豊かな自然に親しんで」 小野さん(千村在住)が荒地整備

社会

子どもにサワガニの捕り方を教える小野さん
子どもにサワガニの捕り方を教える小野さん

 秦野市千村の傾斜地に、サワガニが棲む小川やターザン遊びができる蔦、ピクニックができる休憩所など、自然に触れ合える場所がある。

 整備をしたのは小野薫さん(60)。「子どもたちの自然体験の場になれば」と、小野さんが営む板金塗装工場の裏に広がる荒廃地約3800平方メートルを、1年かけて1人で開拓した。そこは小野さんの幼少期には地主だった親が畑作を行っていたが、時が経つにつれ荒廃が進んでいった場所。日中は仕事を行いながら、作業は早朝と夜に勤しんだ。ナタや鋸、チェーンソーを使い、約40年間放置されていた雑木林を切り開いていった。

 3月4日には近所の子どもたちを招待して、初めて地域住民にお披露目した。小野さんが「石の下にサワガニがいるよ。ひっくり返してごらん」と教えると、子どもたちは「いた!」「見つけたよ!」と喜んでいた。

 小川のそばには間伐材や竹で作ったベンチ、鳥やハチの巣箱を設置し、周りにはワサビやクレソンの畑もある。丘の上の休憩所からは渋沢の街並みを望むことができ、散歩コースとしても楽しめる。

 近くの水源地から約70mのパイプを地下に通し、湧水の水飲み場も作った。保健所の水質検査も終えており、断水や災害時の利用も考えているという。

 土地の出入りは誰でも自由にできる。小野さんは「子どもたちが放課後に遊んだり、遠足などに利用してもらいたい」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク