秦野版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

陸上 110mHで全国へ 鶴巻中3年・三和遼選手

スポーツ

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
秦野市カルチャーパーク陸上競技場で練習に励む三和選手
秦野市カルチャーパーク陸上競技場で練習に励む三和選手

 秦野市立鶴巻中学校3年の三和遼選手が8月19日(土)から熊本県で行われる第44回全日本中学校陸上競技選手権大会に出場する。種目は男子110mハードル。全国大会への出場は初めてだという。

 三和選手は7月15日、ShonanBMWスタジアム平塚で開かれた第63回全日本中学校通信陸上競技神奈川県大会に出場。予選3組でスタートラインに並ぶと、隣のレーンには7月上旬の県中学選抜陸上競技大会でも隣だった、横浜市立樽町中の関根悠佑選手(3年、決勝3位)がいた。

 選抜では爪がはがれ不調だった三和選手。「今回は勝ちたい」と、奮い立った。

 追い風1・2mの中、序盤から関根選手に食らい付き、課題だった後半もスピードが落ちなかった。関根選手に一歩及ばなかったものの、それまでの自己ベストを0秒06上回る14秒99でゴール。全国標準記録15秒00を突破し、全国への切符を手にした。

 三和選手は「関根選手を強く意識して走った。やっぱり速かったです。全国は遠い存在だったので驚きました」と心境を語った。

「走るのがすごく楽しい」

 三和選手は身長176cm。中学1年生の時は100mの選手だったが、ハードル選手だった先輩からの勧めもあって転身を決めた。「不調が続いたあとに回復してきた時は特に走るのがすごく楽しくて、何回でも走りたくなります」と競技の魅力を語る。

 県大会での最終順位は8位。同校の古谷勇顧問は「後半の持久力を付けるため長距離を走り込んだり、ビデオで研究したりと自分で課題を見つけ練習に取り組んできたことが結果につながったのでは」と評価する。

 全国大会に向けて、三和選手は「いつも通り走りたいです」と爽やかな笑顔で話した。

秦野版のローカルニュース最新6

3バンドが予約制ライブ

下校中、率先し人助けに動く

堀川小の児童3人

下校中、率先し人助けに動く 社会

5月7日号

境内でパフォーマンス

境内でパフォーマンス 文化

出雲大社で秦野元気まつり

5月7日号

「移住お試し」の空家求む

秦野市

「移住お試し」の空家求む 政治

定住化促進の一助に

5月7日号

絵画・陶芸を展示

絵画・陶芸を展示 文化

ギャラリーmeで7日から

5月7日号

障害者施設の作品即売会

【Web限定記事】

障害者施設の作品即売会 社会

5月11日(火) イオン秦野SC

5月7日号

中国料理「東光苑」

コロナに負けるなチャレンジメニュー!肉野菜あんかけ焼きそばメガ盛り完食で無料

https://www.grandhotel-kanachu.co.jp/tokoen/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研ぎ出し技法の作品展

丹沢美術館

研ぎ出し技法の作品展

5月9日まで開催

5月6日~5月16日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter