秦野版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

閻魔詣で修復目指す 「文化財を守りたい」蓑毛大日堂

文化

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
不動堂を見学する家族
不動堂を見学する家族

 今年7月に国登録有形文化財に登録するよう文部科学省に答申された秦野市の蓑毛大日堂(蓑毛674)で8月16日、閻魔詣が開かれ、多くの人が訪れた。境内に安置されている県指定重要文化財の木造大日如来坐像、市指定重要文化財の木造五智如来坐像などが公開され、閻魔堂で十王像に囲まれ死後の世界に思いを馳せる参加者や、地獄に関する絵巻物を元にした紙芝居に見入る子どもたちの姿が見られた。今年は初めて古谷義幸市長も訪れた。

 「8月16日には地獄の釜の蓋が開き、罪人が責めを免れる」という言い伝えから、かつてお盆の時期ににぎわったとされる大日堂。境内には数多くの文化財が安置されているものの、老朽化や雨漏りが見られ修復は急務だが、必要な資金はまだ集まっていない。また、建物は市指定文化財でないため制度上、市の予算は投入できず、市では「修繕の必要性は認識しているものの、ほかの文化財との兼ね合いもあり例外的に補助することはできない」としている。

 そこで秦野みのげ文化の会では大日堂修復の一助になればと2014年から閻魔詣を開催。地元の人から寄付された提灯やのぼり旗の費用が、修復基金として積み立てられている。同会の田代さんは「多くの方や市長が訪れてくれたのも嬉しかった。市内の他団体とも協力しながら国の登録をきっかけにさらに修復に近づいていきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6

シーズン迎え山の交番開所

シーズン迎え山の交番開所 社会

12月上旬まで遭難者対応の拠点

4月9日号

2人1団体が防犯功労

2人1団体が防犯功労 社会

秦野警察署で伝達式

4月9日号

ランドセルカバーを寄贈

ランドセルカバーを寄贈 社会

交安協 新入学児の安全願い

4月9日号

障害者施設の作品即売会

障害者施設の作品即売会 社会

4月11日 イオンSC

4月9日号

接種券発送はじまる

新型コロナワクチン

接種券発送はじまる 社会

4月9日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の星空教室

春の星空教室

4月17日 南が丘公民館

4月17日~4月17日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter