秦野版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

災害時ドローン活用へ 秦野市が民間団体と協定

政治

 秦野市は8月28日、災害時にドローンを活用して情報収集するための協定を、かながわ自主防災航空(山口好一代表)と締結した。

 同団体はヘリコプターを使用した情報収集に関する協定も市と締結しており、昨年度上地区で行われた防災訓練でもドローンを使用し参加していた。

 市担当者は「災害時に各地区で職員が状況を確認する防災計画もあるが、道路が遮断される可能性もある。そんな時にドローンで迅速に正確な情報を得られるよう、操作できる職員を養成していきたい」と話す。市ではドローンの購入と職員の講習費用など約50万円の予算を設けている。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猫のふたり展

猫のふたり展

羊毛フェルトと銅版画

2月21日~2月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク