秦野版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

「キエーロ」体験して 市内全公民館に設置

社会

設置されているキエーロ
設置されているキエーロ
 秦野市が普及促進を進めている木製コンポスト「キエーロ」が、9月中に市内の全公民館に設置される。

 キエーロとは、中に土を入れ、バクテリアの力で生ごみを分解する生ごみ処理機のこと。

 市では、今年6月から市役所西庁舎前に展示して生ごみ処理の様子を実演してきたほか、民生委員や農協女性部、こども園の保護者などを対象に実施しているごみの減量と資源化の説明会の中でもPRを行ってきた。参加者から「身近に体験してみたい」との声があがり、公民館への設置が決まった。

 設置するキエーロは、NPO法人四十八瀬川自然村(小野均代表)が用意した材料で、県立西部総合職業技術校の生徒が製作したもの。調理実習などから出る調理くずや茶殻などを利用者が自らキエーロに投入し、生ごみが消える様子を体験できる。

 今後、他の公共施設への設置も予定されている。

 また、9月からはキエーロの販売を予定。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猫のふたり展

猫のふたり展

羊毛フェルトと銅版画

2月21日~2月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク