秦野版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

シクラメン出荷ピーク

社会

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena
連日続く出荷作業(冨田花園)
連日続く出荷作業(冨田花園)

 神奈川県でトップクラスの出荷量を誇る秦野産のシクラメン。冬の贈り物としても人気で、市内の生産農家では今週末から来週にかけて出荷ピークを迎える。

 約50種類4万5000鉢を栽培している冨田花園(今泉、冨田茂靖社長)は、県内でも出荷最上位のシクラメン農家。定番の赤やピンク、白に加え、秦野で育種された八重咲きの「フェアリーピコ」や花弁が50枚以上になるという「フェアリーバンビ」も取り扱っている。

 冨田社長は「今年も例年通り良い出来。管理次第で春先まで長く花を咲かせるので、ぜひ楽しんでもらいたい」と話している。

秦野版のローカルニュース最新6

デッサン会展

デッサン会展 文化

11月3日〜7日

10月15日号

ワクチン接種状況

3氏による争いの公算

衆院選

3氏による争いの公算 政治

神奈川17区 31日投開票へ

10月15日号

演芸フェスティバル

演芸フェスティバル 社会

24日 本町公民館で

10月15日号

1カ月で30kg

外国コイン募金

1カ月で30kg 社会

秦野名水RCが第1次回収

10月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook