秦野版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

大会初の2部門制覇 スポーツ鬼ごっこ全国大会

スポーツ

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena
全国大会に参加した選手ら
全国大会に参加した選手ら

 「スポーツ鬼ごっこ全国大会in八王子」が11月23日に東京都の上柚木公園陸上競技場で行われ、秦野勢がU―9の部とU―12の部で優勝を果たし、大会初の2部門制覇を成し遂げた。また、U―22の部でも準優勝を獲得した。

 スポーツ鬼ごっことは、昔ながらの遊び「鬼ごっこ」にルールを設け、スポーツ化したもの。トレジャーと呼ばれる相手チームの「宝」を時間内に多く獲得した方が勝ちとなる。

 同大会は今年で6回を数え、秦野からは「FIKA(フィーカ)総合型クラブ」のチームが出場。U―9の部、U―12の部には秦野市内の小学生を中心とした「スポーツ探検隊PLUS」チームが、U―22の部には秦野在住の中学生・大学生などからなる「ハンターズ・ユース」チームがエントリー。全部門総数49チームで日頃の練習の成果を競い合った。

 特に、活躍がめざましかったU―12の部チームからは大会初の女性MVPが誕生。第6代鬼ゴッター王(MVP)に選ばれた岡海花(みはな)さん(東小5年)は「MVPに選ばれて『えっ、本当に?』と思いました。隙を狙って動けたし、楽しめてやれた。また優勝してMVPを取りたい」と喜びを語る。

 また、岡さんと共に活躍した滝本莉央さん(西小6年)は特別個人賞を獲得。「岡さんと一緒に2対1の状況を作って動いたりできたので楽しかった」と話した。

 キャプテンの冨山就翔(しゅうと)君(南小6年)は「攻めと守りの切り替えが上手いのが強み。みんなが楽しんで動けたので優勝できたんだと思う。優勝が決まって全員で喜びました」と感想を述べた。指導を行う飯田琢郎代表は「女の子の活躍が光っていた、という講評が嬉しかった。常に前に出て、狙いにいく攻めの姿勢が見られた大会でした」と話していた。

秦野版のローカルニュース最新6

秦野たばこ祭2021 各地でメモリアル展示

小中学校等の短縮日課を継続

【Web限定記事】

小中学校等の短縮日課を継続 教育

緊急事態宣言延長に伴う秦野市内の小中学校等の対応

9月17日号

秦野事件簿

【Web限定記事】

秦野事件簿 社会

8月22日〜9月4日

9月17日号

秦野市立東公民館で写真展

【Web限定記事】

秦野市立東公民館で写真展 社会

「あなたが選ぶこの一枚」

9月17日号

ランチタイムコンサート「律の調べ」

【Web限定記事】秦野 最新ライブピックアップ

ランチタイムコンサート「律の調べ」 文化

東海大学前駅 ライブレストラン ミッシェル

9月17日号

上級者6人のピアノ演奏

上級者6人のピアノ演奏 文化

10月3日 クレッセントコンサート

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook