秦野版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

明日号砲、いざ箱根路へ頂点目指す 東海大学陸上競技部駅伝チーム

スポーツ

東海大学駅伝チーム
東海大学駅伝チーム
 東京大手町―箱根芦ノ湖間を往復する新春の風物詩「第94回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(関東学生陸上競技連盟主催)が明日1月2日(火)、3日(水)に行われる。地元・東海大学陸上競技部駅伝チーム(両角速駅伝監督)は、5年連続45回目の出場。総合優勝を目標に攻めのレースで挑む。

「スピードと安定感、好バランスで挑む」

 4年生は3人、3年生は3人、2年生は9人、1年生1人の16人がエントリー。高校時代のトップランナーが揃う黄金世代の2年生は確実に実力を上げてきている。学生3大駅伝の開幕戦「第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走」(優勝)で区間賞の快走を見せた阪口竜平選手(2年)、準優勝した「第49回全日本大学駅伝対校選手権大会」で区間賞の走りを見せた館澤亨次選手(2年)の2人に期待は集まる。また館澤選手はトラック競技日本選手権1500mで優勝している。 他の選手も出場した1500m、5000m、1万m、ハーフマラソンの上位10人の平均タイムが関東の大学の中でトップのタイムを叩きだしている点も好材料だ。実力と上級生の経験値が加わることで高レベルの安定感が得られるであろう。両角監督が掲げる「トラックでのスピード強化に重点を置いた取組み」に結果が付いてきている。

「面白い戦いが出来る」

 例年になくチームは力が上がっていると春日千速主将(4年)は自信を覗かせる。「スピード強化に力を入れた選手やハーフマラソンを中心に走り込みをしてきた選手など、自分の得意な距離、特長を伸ばす努力をしてきた結果が成績に表れてきた」と分析。その個性を箱根駅伝に活かせれば面白い戦いができると断言した。

 東海大学は年度当初、打倒青山学院を目標に掲げ、練習に取り組んできた。両大会ともに青山学院に勝ったものの、全日本では神奈川大学に及ばなかった。学生3大駅伝最後の戦いの号砲は明日午前8時。全員の思いを襷に込め、箱根路を駆け抜ける。       4年間選手のサポートなど裏方で支える一人として活動してきたのは西川雄一朗さん(4年)=写真=だ。駅伝主務として9人いるマネージャーのトップを務める。マネージャーとして入部し、選手のサポートにあたってきた。メンタルケアから監督と選手の橋渡し的な役割を担うなど様々な面から選手に寄り添い支えてきた。「箱根駅伝では”0区”の選手という気持ちで自分の役割をしっかりと果たしたい」と力強く語る。

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

冬の野鳥観察会

冬の野鳥観察会

1月27日 くずはの家

1月27日~1月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク