秦野版 掲載号:2018年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

梅一輪ほのかに 香雲寺の参道で

社会

花開いた香雲寺の梅(2月12日撮影)
花開いた香雲寺の梅(2月12日撮影)
 春の暖かさに誘われて、梅一輪――。

 2月に入り、秦野市内でも梅が咲き始めた。香雲寺(こううんじ)(秦野市西田原437)の参道には約200mにわたって梅並木がある。取材に訪れた2月12日、トンネルのように梅の木が左右から枝を伸ばし、ぽつりぽつりとほころびはじめた花が春の訪れを知らせていた。満開になると白と薄紅の花で空が覆われ、強い香りと共に楽しめるという。

 2月12日現在は日当たりの良い上の枝で開花が見られ、花の見頃を迎えるのは2月中旬から下旬にかけてとなりそうだ。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

円熟3人による油彩画展

円熟3人による油彩画展

22日から蔵のギャラリー

5月22日~5月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク