秦野版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

大根中学校 命の大切さ 働く喜び学ぶ 余命宣告の平川さん招き

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
体験を話す平川さん
体験を話す平川さん

 秦野市立大根中学校で3月16日、2年生を対象とした「命と仕事の講演会」が開催された。キャリア教育の一環として行われた講演のテーマは「命の大切さ〜本気で生きる〜」。講師として招かれた平川翔さん(29)は、長野県諏訪市在住。脳が萎縮する原因不明の病気に侵され、28歳の時に「余命7年、35歳までの命です」と宣告を受けた。

 小学生の頃からバレーボールを始めた平川さん。強豪校の岡谷工業高校に進学するものの、体調不良により競技を断念。高校卒業後、バレーボールの指導者として再スタートした。居酒屋でアルバイトの傍らアスリートのサポートができるスポーツ整体に携わろうと資格を取得。念願の整体院を開院させた。

 そんな矢先「記憶が全くない」ことが起こるようになり、病院を受診した結果、病気が判明した。「自分は何のために生まれてきたのか?」「何に命を使えばいいのか?」という究極の問いかけに向かい合いながら、日々を精一杯働く平川さん。集まった生徒たちを前に「自分が好きなことに思いっきりチャレンジして欲しい」と訴え、生徒たちは真剣な表情で平川さんの話に耳を傾けていた。

 講演後生徒たちからは「一日一日を大切にして、出会った人に感謝するということをあらためて学んだ」「命の大切さに気付かされた。余命宣告されても前向きにやりたいことをして生きていくという気持ちがすごいと思った」などといった感想が聞かれた。

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

9月13日〜19日

9月24日号

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座

【Web限定記事】

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座 社会

10月30日と11月6日

9月24日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月24日号

たばこ祭デザイン切手お目見え

認知症 を知ろう

特集

認知症 を知ろう 社会

9月はアルツハイマー月間

9月24日号

詐欺防止を啓発

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook