秦野版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

高台移転地で「ラーメン食堂」 秦野市民支援隊が南三陸町で催し

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
ラーメンと餃子を食べ、ビンゴ大会を楽しむ団地の人たち
ラーメンと餃子を食べ、ビンゴ大会を楽しむ団地の人たち

 秦野市内の有志による支援隊(杉崎貞夫代表)は東日本大震災後、被災地で炊き出しを行ってきた。「高台の移転地では高齢者が移動しづらく外に出にくくなった」と聞いた支援隊は3月10日、宮城県南三陸町の歌津みねはた団地を訪れ「一日限定ラーメン食堂」を開催した。被災地への訪問はほかの場所を含め15回目。知的障害のある人とその家族が所属する秦野市手をつなぐ育成会(相原和枝会長)や、秦野観光和太鼓、点訳ボランティアのメンバーなど28人が参加した。

 支援隊は一戸ずつ声をかけながら秦野産のホウレンソウやサトイモ、醤油を配布。和太鼓メンバーが演奏しながら団地を練り歩くと、高齢者や家族連れが会場に集まった。わかめラーメン、社会福祉法人寿徳会(戸川)の「幸せ餃子」、毎回人気のたい焼き、現地の女性と一緒に作ったこんにゃく田楽が振る舞われた。ビンゴ大会や似顔絵ブースも企画し、食事をしながら支援隊メンバーとのおしゃべりを楽しむ高齢者も多かったという。「ビンゴ大会が初めてという方も多くてとっても楽しんで頂けたみたい」と相原さん。初参加し餃子を焼いた寿徳会の鈴木健太さんは「喜んでもらえてよかった」と振り返った。

 片付けが終わりバスに乗り込んだ支援隊を自治会の人達や子どもたちが万歳をして笑顔で見送った。

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

9月13日〜19日

9月24日号

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座

【Web限定記事】

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座 社会

10月30日と11月6日

9月24日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月24日号

たばこ祭デザイン切手お目見え

認知症 を知ろう

特集

認知症 を知ろう 社会

9月はアルツハイマー月間

9月24日号

詐欺防止を啓発

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook