秦野版 掲載号:2018年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

40周年記念式典、盛大に 秦野中RCが市民300人招き

社会

挨拶をする川口会長。小ホールはほぼ満席に
挨拶をする川口会長。小ホールはほぼ満席に
 秦野中ロータリークラブ(川口洋会長・以下秦野中RC)が創立40周年を迎え、記念式典が3月24日に秦野市文化会館小ホールで行われた。

 ロータリークラブとは国際的な社会奉仕団体のことで、秦野中RCは秦野RCをスポンサーに1978年に創立。以来、青少年交換留学生の支援や震生湖付近でのヤマユリの里づくり、小学生によるピンクカップ・バレーボール大会への援助、幼稚園・保育園児とのサツマイモの苗植えや収穫体験など様々な活動を行ってきた。40周年を迎えた今年度はフィリピンへの水道敷設事業のほか、記念事業として秦野市やガールスカウト、スポーツ少年団、子ども夕暮れ短歌大会への寄付なども実施している。

 こうした活動を多くの人に知ってもらおうと、記念式典は市民300人を招いたほか、友好クラブの台湾翡翠RC、十日町RCの会員、市内外のRC会員なども参加し、小ホールはほぼ満席に。はじめに一般にも馴染みやすいようにと会員による寸劇のあと、アニメーションを用いてRCについての説明がされた。

 その後、式典を開催。川口会長は「仲良く歴史を積み重ねてきた。1年前から準備を進めてきた記念式典を通し、市民の皆さんにはRCを見学し、体験していただければ」と挨拶。また、来賓として高橋昌和市長が「青少年健全育成のために秦野市に助成をいただいた。青少年育成、環境美化、社会奉仕を実践していることに感謝したい」と祝辞を述べた。

 式典後は「冬が来る前に」や「翼をください」などでヒットを飛ばした”紙ふうせん”による記念コンサートが行われ、参加者らは楽しい時間を過ごしていた。

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

円熟3人による油彩画展

円熟3人による油彩画展

22日から蔵のギャラリー

5月22日~5月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク