秦野版 掲載号:2018年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

西武ビル老朽化で取り壊し 市内唯一のボウリング場閉店

経済

老朽化で取り壊されることになった西武ビル
老朽化で取り壊されることになった西武ビル
 ボウリング場やカラオケ・パチンコ店などが入っている西武ビル(秦野市今川町)が老朽化のため取り壊されることになった。ビルの取り壊しに伴いカラオケ店はすでに閉店し、8月31日でボウリング場は閉店、パチンコ店は休業となる。

 同ビルは1972年に竣工。当初は小田急ОXやニチイなどが店舗を構え営業していた。その後明玉ボウルが開業。そして秦野マスターズボウルになり、2015年に西武ボウルとなった。パチンコ西武は1992年に開店している。

 市内にボウリング場は一時期5カ所あったというが、近年では西武ボウルのみとなっていた。同ボウルに週に数回通うというボウリング歴約50年の市内に住む70歳と76歳の男性は揃って、「残念」と閉店を惜しんだ。「ビルの老朽化によるものだから仕方ない。ここは、駅の近くで交通の便が良かったので通いやすかっただけに残念。店が少なくなっていくのは寂しい」と話した。ビルと裏の駐車場は解体され、更地になる予定。その後は現時点では未定。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク