秦野版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

かがくのとも12月号 舘野さんが絵を担当 擬態テーマ「なりすます むしたち」

教育

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena
アリと、アリに擬態したアリグモ(右)が対峙する「なりすます むしたち」の表紙
アリと、アリに擬態したアリグモ(右)が対峙する「なりすます むしたち」の表紙

 (株)福音館書店の月刊科学絵本「かがくのとも」の12月号として、秦野市堀西在住の絵本作家・舘野(たての)鴻(ひろし)さん(50)が絵を手掛けた『なりすます むしたち』が発売された(本体389円税別、28ページ)。文は、自然をテーマにエッセイを書いてきた澤口たまみさん(58)=岩手県。二人が共作するのは、虫の寄生を描いた『こまゆばち』(かがくのとも2012年10月号)以来2作目となる。

 今作のテーマは虫の擬態。アリそっくりのアリグモ、植物のマツバに見えるオナガグモ、ハチに似たアブやカミキリムシなどが登場し、ストーリーが展開される。擬態して天敵から身を守り、エサにありつく虫たちの様子が生きいきと描かれている。

 折り込まれている月刊特別付録は38cm×58cmのポスターで、舘野さんによって、姿の似た昆虫が綿密に美しく描かれている。裏には澤口さんの作者のことばなどが紹介され、親子で楽しめる内容となっている。

 舘野さんは「この絵本に出てくるのは全部秦野に棲んでいる虫です。よく見ると、”なりすますむし”はたくさんいます。皆さんも探してみて下さい」と話している。

 かがくのともは年長児以上が対象で、幼稚園や保育園などで定期購読されているほか、書店でも個別に購入できる。

秦野版のローカルニュース最新6

デッサン会展

デッサン会展 文化

11月3日〜7日

10月15日号

ワクチン接種状況

3氏による争いの公算

衆院選

3氏による争いの公算 政治

神奈川17区 31日投開票へ

10月15日号

演芸フェスティバル

演芸フェスティバル 社会

24日 本町公民館で

10月15日号

1カ月で30kg

外国コイン募金

1カ月で30kg 社会

秦野名水RCが第1次回収

10月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook