秦野版 掲載号:2019年1月18日号
  • LINE
  • hatena

どんど焼きで住民交流 戸川の八幡神社で

文化

団子を焼く上村さんと子ども
団子を焼く上村さんと子ども
 1月12日、寒空の下、秦野市内の各地で、伝統行事のどんど焼きが行われた。

 戸川の八幡(はちまん)神社では戸川上自治会(細渕洋次会長)と戸川上獅子舞保存会(飯田孝次会長)によるどんど焼きが行われ、250人が訪れた。以前は自治会役員4人のみが住民を受け入れ、正月飾りを火にくべて団子を焼くだけだったが、8年ほど前から獅子舞保存会が自治会と協力し、自家製の野菜を持ち寄って豚汁を作ったり、餅付きをしたり、ビール、焼き芋などを振舞うようになると、多くの住民が参加するようになったという。

 子どもたちにはお菓子やミカンなどが用意された。竹の節目をきれいに削り、団子焼きの棒を準備した獅子舞保存会の上村敬二さん(70)は「今では団子を焼いた後もすぐに帰らず、皆話を楽しんでいて交流する良い機会になっています。一人暮らしの高齢女性に焼いた団子を届ける人もいて、喜ばれています」と話す。

秦野版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本作家として新境地へ

絵本作家として新境地へ

舘野さん 新作「はっぱのうえに」を発売

3月2日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク