秦野版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

原田宏子さん ラジオ体操で自他を元気に 病室でのエッセイが理事長賞

社会

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena
「皆さんと体操すると自分も元気になる」とにこやかに話す原田さん
「皆さんと体操すると自分も元気になる」とにこやかに話す原田さん

 デイサービス等で体操を教える原田宏子さん(77)=河原町在住=が、ラジオ体操制定90周年記念フォト・エッセイ等コンクールで全国ラジオ体操連盟理事長賞を受賞した。原田さんは秦野市唯一の1級ラジオ体操指導士。がんで余命宣告を受けながらも人々に笑顔と元気を届けている。

 原田さんの一日は指導用に左右を反転させたラジオ体操で始まる。「30年ほど前に亡くなった父も、毎朝ラジオ体操をする人だった。私はラジオ体操を遺産として引き継いでいこうと決めたの」と原田さんは言う。

 2014年、NHKテレビ・ラジオ体操指導者の長野信一さんの講習が秦野市で開かれた際、横浜市で年2回指導者講習会が行われていると知り、通うように。2級ラジオ体操指導士の資格を取得後、広畑ふれあいプラザのいきがい型デイサービスで月1回、椅子に座ったままできる運動などを教えてきた。参加者は一人暮らしの高齢者などが多い。参加する80代の女性は「先生はいつも明るく元気。毎回来るのが楽しみです」と話す。

余命宣告にめげず

 原田さんは子育て中だった30歳、甲状腺がんを発症し摘出。68歳で再発し、入院した際の出来事を今回エッセイにした。「喉にチューブを付けながら皆でラジオ体操してね。辛い抗がん剤治療を受ける同室の人と一緒に泣きながら笑ったのよ」

 当時、医師から「5年は持つか…」と言われたが、既に8年が経った。5年前には膵臓がんを患い「余命半年」を宣告されたが、「残りの時間で出来る事を」とボランティアや資格取得に励み、今も活力溢れる日々を送っている。

 昨年11月の膵臓の検査では、担当医から「腫瘍が小さくなっている」とよい知らせもあった。「皆さんと体操をする事で自分が生かされていると感じる」と原田さんは語る。

秦野版のローカルニュース最新6

今日から小田楷個展

今日から小田楷個展 文化

奥津国道美術館

8月16日号

夏の昆虫観察会

くずはの家

夏の昆虫観察会 教育

8月16日号

景況は小幅悪化、消費増税に懸念

中栄信用金庫 中小企業景況レポート

景況は小幅悪化、消費増税に懸念 経済

2019年4月〜6月実績

8月9日号

NPO設立式典に80人

秦野にぎわい創造まちづくり

NPO設立式典に80人 経済

五十嵐商店拠点に活動

8月9日号

小学生が議員体験

小学生が議員体験 政治

20人参加し議場見学

8月9日号

不審者対応を学ぶ

不審者対応を学ぶ 教育

ハレノヒ保育園で訓練

8月9日号

3施設でWi-Fi追加

3施設でWi-Fi追加 社会

こども館などで利用可能に

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏の昆虫観察会

くずはの家

夏の昆虫観察会

8月24日~8月24日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク