秦野版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

(PR)

秦野赤十字病院 「消化器病センター」を新設 内科・外科が一つのチームで対応

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
センター長を務める田中院長(前列中央)と大佛第一外科部長(同右)と三浦雄輝消化器内科副部長(同左から2人目)
センター長を務める田中院長(前列中央)と大佛第一外科部長(同右)と三浦雄輝消化器内科副部長(同左から2人目)

 秦野赤十字病院(田中克明院長)は10月1日、同病院内に新たに「消化器病センター」を開設する。センター長は田中院長が務め、三浦雄輝消化器科副部長と大佛智彦第一外科部長の2人が、スタッフの中心を担う。

 この「消化器病センター」では、消化器内科と消化器外科が診療科の垣根を超えて、外来・入院・カンファレンスなどにおいて、消化器疾患の診療にあたる。例えば消化管がん治療では、内視鏡治療、腹腔鏡手術、開腹手術など、最も適切な治療方法について内科と外科が一緒になって検討する。内科を担う三浦副部長は「内科的治療よりも、手術が最善と判断される場合がある。外科との連携がスムーズであるということは、常に相談ができる体制があり、患者さんにとっても非常に意義がある」と力強く話す。

 地域の診療所などから紹介された患者さんの中には、内科か外科のどちらが対応するべきなのか悩むケースもあるという。大佛部長は「センターでは内科と外科がひとつのチームになっているので、われわれの判断で内科か外科に振り分けることができ、治療の開始を早めることができます」とメリットを話す。

 センターカンファレンスを行うことで常に互いの科が相談できる体制を整える。三浦副部長は「色々な視点で検討でき、その結果治療の選択肢が広がる」と、重要性を指摘する。

「市民の期待に応えていく」と話す田中院長

 このセンターを立ち上げた田中院長も「例えば手術予定の患者に対して、外科医が何を求めているのか、一緒にいる内科医の理解も深まり、問題点を指摘しあえます。その積み重ねが医師のレベルアップにもつながっていく」と、期待を寄せる。

 もちろんそれは患者さんにとっても大切なこと。「秦野市民の期待にしっかり応えていきたい。今回は内科と外科が一つのチームを作って治療にあたることを心強く感じている。この取り組みを成功させ、また別の疾患のセンター開設につなげていきたい」と抱負を話した。
 

秦野赤十字病院 

秦野市立野台一丁目1番地

TEL:0463-81-3721

http://hadano-jrc.jp/

秦野版のピックアップ(PR)最新6

「想像以上に気持ちいい」バスタイムを

みどりやの新提案『コミコミ浴室プラン』

「想像以上に気持ちいい」バスタイムを

好評の「トイレ1台」ご成約プレゼントも

6月18日号

きっかけは環境問題

社会貢献活動も実践

きっかけは環境問題

三光工業株式会社

6月11日号

未就園児教室 参加者を歓迎

未就園児教室 参加者を歓迎

つるまき幼稚園「ひよこチーム」

6月11日号

需要増す運転免許、今こそ取得

需要増す運転免許、今こそ取得

感染症対策万全の地元教習所で

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

リユースビジネスで環境保全を

リユースビジネスで環境保全を

買取店わかば小田急マルシェ秦野店

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter