秦野版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

えのきの会 自然保護への功労で表彰 15年の節目に実績評価

社会

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする岡村会長(手前中央)と会員
賞状を手にする岡村会長(手前中央)と会員

 自然観察施設くずはの家のボランティア団体えのきの会(岡村文夫会長)が、「神奈川県環境保全功労者・工業保安功労者湘南地域県政総合センター所長表彰(自然保護功労)」を受賞した。15年にわたる活動が評価された。

 えのきの会は、くずはの家が実施する自然観察イベントを補佐するため、それまで個々に動いていたボランティアがまとまり2006年に発足した。毎年行われている自然観察指導員養成講座を修了者が入会資格を得ることができ、現在95人が在籍している。

 主な活動は月1回、くずはの家が行っている月例観察会の手伝いや、年3回の河川清掃、市が主催する小学校の「はだのエコスクール」での講師など。また、これ以外にもそれぞれの専門分野に分かれ構成される7分科会で独自の活動を行うなど、活発に動いている。

自然の大切さ伝える活動

 今回、同会は様々な活動を通して生命の尊さや自然の大切さ、環境問題の啓発などを市民や市民外に行ってきた功績で推薦された。また、親子や子どもを対象にしている活動が多いため、幼少期から生命や自然に対する気持ちを育んでいる点も評価された。

 「発足15周年という節目でこのような表彰をいただけたのは、とても光栄です」と岡村会長。同席メンバーも、「エコスクールでは子どもから元気をもらえるし、逆に教えられることもある。教えに行くのを楽しみにしている会員も多い」と、ハツラツと語った。

 コロナ禍で休止状態だった同会も6月から野外での活動を再開し、今月からはくずはの家の観察会も再開を予定している。10月からは年度後期分のエコスクール再開も見込まれており、「会員全員いつまでも若々しく、自然の良さを伝えていきたい」と岡村会長は話した。

市環境共生課の課長から賞状が手渡された
市環境共生課の課長から賞状が手渡された

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

9月13日〜19日

9月24日号

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座

【Web限定記事】

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座 社会

10月30日と11月6日

9月24日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月24日号

たばこ祭デザイン切手お目見え

認知症 を知ろう

特集

認知症 を知ろう 社会

9月はアルツハイマー月間

9月24日号

詐欺防止を啓発

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook