秦野版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

コロナに打ち勝つ 未来へつなぐ平和の灯

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
広場に並べられたキャンドル
広場に並べられたキャンドル

 75回目の終戦の日、クアーズテック秦野カルチャーホール(文化会館)の市民広場でピースキャンドルナイトが開催された。秦野市は8月15日を「秦野市平和の日」と定め、市民一人ひとりが平和と命を大切に考え、行動する機会としている。このピースキャンドルナイトは今年で13回目。平和の日を象徴するイベントになっている。例年は多くの参加者と共に開催するが、今年はコロナ感染拡大防止のため、実行委員会とボランティアのイベントサポーターで実施された。

 夜の帳が下り始める午後6時、点灯式が始まった。まずは、広場中央の竹のオブジェの中に設置されたメインキャンドルに広島平和記念公園の「平和の灯」から採火した灯が、高橋昌和市長と森田和夫委員長により点火された。高橋市長は「コロナ感染拡大防止のため一般の来場を控えていただいたが、来場できなかった人たちと平和への想いを共にしたい。恒久平和への思い新たに、コロナ禍に打ち勝つことを祈念したい」と挨拶。

 その後は約100人のボランティアが市民手づくりのキャンドル4000個に灯を灯していった。「定年後、自分のまちに貢献したいとの思いで参加した」という河原町在住の70代の女性は、今年で参加して10年目だ=写真下。キャンドルの火を静かに見つめながら点火していた。また、2009年に親子ひろしま訪問団として平和の灯を採火する事業に参加したという曽屋在住の大学3年生の女性は「サポーターとしてまた参加できて感慨深い」と話した。

 同事業を担当する市文化振興課の担当者は「無観客での開催となったが多くの皆さまのご協力で平和の灯を灯すことができた。後日公開する動画を見ていただき、改めて平和について考える機会にしていただきたい」と話している。この日の様子は、秦野市公式YouTubeで9月中旬ごろまでに公開される予定。

秦野版のローカルニュース最新6

55歳以上の雇用創出へ

秦野市

55歳以上の雇用創出へ 政治

生涯現役促進地域連携を開始

6月11日号

寄付

寄付 社会

6月11日号

SDGsパートナー5社に

SDGsパートナー5社に 社会

秦野市から4社を追加

6月11日号

夏休みの新聞作り講座

夏休みの新聞作り講座 社会

東公民館で全2回

6月11日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月16日〜5月29日

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter