秦野版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

「落花生みくじ」の掘り取りをどうぞ 曾屋神社で頒布を開始

文化

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
守山禰宜手作りの入れ物から取り出す「落花生みくじ」
守山禰宜手作りの入れ物から取り出す「落花生みくじ」

 曾屋神社(守山文夫宮司)で、ご当地みくじ『秦野落花生みくじ』の頒布が始まった。秦野市の名産である落花生を模した形の入れ物におみくじが入っているもので、初穂料は300円。

 その土地の名産や名物、神社の由来などからモチーフを取り入れ、頒布されているご当地みくじ。曾屋神社の守山和宏禰宜は県内でも早くにこのご当地みくじの頒布を行っている三浦市の海南神社の宮司と仲が良く、同神社の『鮪みくじ』の話を聞いていたという。

 そこで「少しでもまちの活性化に繋がれば」と曾屋神社でもご当地みくじの頒布のため動き出した。おみくじが入る入れ物のモチーフは、曾屋神社がある本町地区に落花生のお店も多く、市の名産でもあることから落花生に決めたという。

 おみくじの頒布の仕方も、参拝者に楽しんでもらおうと一工夫。守山禰宜が”落花生の掘り取り用”の入れ物を一から手作りした。発泡スチロール製の入れ物の外側は秦野の豊富な地下水をイメージして青色に塗り、縁には秦野盆地から見渡せる山並みを配置した。また、中には「土から落花生を掘り取ってもらおう」と、落花生みくじと似た色の緩衝材と共に入れており、中から好きなおみくじを取ることができる。

 落花生みくじの頒布は10月から始まっているが、曾屋神社での新たな取り組みを一緒に盛り上げようと「海の幸と山の幸」と題し海南神社から「鮪みくじ」も届いており、11月末頃までひくことができるという。守山禰宜は「落花生みくじの入れ物は『魔滅忠実(まめまめ)』としてお守りにもなります。このコロナ禍を吹き飛ばすものとなれば」と話した。

落花生を模した形をしている
落花生を模した形をしている

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

特殊詐欺抑止に向け啓発

特殊詐欺抑止に向け啓発 社会

秦野警察署 下大槻と渋沢で

10月22日号

期日前投票5カ所で

第49回衆議院議員総選挙

期日前投票5カ所で 政治

10月22日号

水墨画の個展初開催

秦野市出身長嶋芙蓉さん

水墨画の個展初開催 文化

ライブパフォーマンスも

10月22日号

学ぼう!減らそう!食品ロス

学ぼう!減らそう!食品ロス 教育

参加募集 11月14日 堀川公民館

10月22日号

震生湖がロケ地に

劇場版「きのう何食べた?」

震生湖がロケ地に 文化

10月22日号

ラケット交わし24人が試合

ラケット交わし24人が試合 スポーツ

車いすテニスニューミックス大会

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook