秦野版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

9日から秋季火災予防運動 住警器点検を呼びかけ

社会

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
住警器設置のイメージ
住警器設置のイメージ

 火災が発生しやすくなる冬場を前に、火災予防思想の普及を図る「秋季火災予防運動」が9日(月)から全国で始まる。秦野市消防本部(三代茂一消防長)は、住宅用火災警報器(住警器)の設置や点検を呼びかける。

 運動の実施期間は15日(日)までの7日間。同本部は幼年消防クラブを結成した市内の幼稚園と保育園、こども園と防火パトロールや一日消防士体験、渋沢駅や各消防署などで横断幕を掲げるなどして啓発を行う予定。

 特に力を入れているのが、住警器の点検。同本部予防課によると、すべての住宅に設置が義務付けられた2011年から今年で10年目を迎え、その当時に住警器を設置した住宅は交換推奨時期に入るという。

 「10年を超えると電池切れや部品の故障などで火災を感知しないなどの不具合が増える。住警器が正常に動けばすぐ火災に気づき、命を守ることができる。この機会に点検や交換をして欲しい」と話す。

詐欺に注意

 これを受けて同課は自治会回覧で住警器の点検や設置、確認方法や設置場所などを知らせる。合わせて、消火器などの悪質な訪問販売や詐欺について、注意を呼びかけている。

 「消防職員が消火器や住警器などの点検や販売することは無いので気を付けて欲しい」と同課は話した。

 また65歳以上の高齢者や障害があるなど、自分で住警器の取り付けが難しい場合、消防職員が設置を手伝う(住警器は各自で用意)。詳細は同課【電話】0463・81・5240(平日午前9時から午後5時)へ。

 秦野市内の住警器の設置率は、6月現在で約8割。今年の火災発生件数は21件(9月末日現在)で、このまま増加しなければ1965年の同本部発足以降、過去最少だった1985年の24件を下回る。

秦野版のローカルニュース最新6

境内に茅の輪 がお目見え

境内に茅の輪 がお目見え 社会

出雲大社相模分祠で

6月18日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月30日〜6月5日

6月18日号

平和願う千羽鶴募集

平和願う千羽鶴募集 社会

7月9日まで

6月18日号

田植えにチャレンジ

広畑小5年生

田植えにチャレンジ 教育

農家・青木さんの田んぼで

6月18日号

ピアノデュオにうっとり

クアーズテック秦野カルチャーホール

ピアノデュオにうっとり 文化

200人が来場

6月18日号

64歳以下の予定決まる

新型コロナワクチン

64歳以下の予定決まる 社会

10月末までに接種完了へ

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter