秦野版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

くずはの地層が見ごろ ボランティアの清掃で

文化

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
清掃されきれいになった地層
清掃されきれいになった地層

 くずはの広場を流れる葛葉川沿いにある地層「くずはの露頭」が現在、くっきりと浮かび上がっている。広場内の自然観察施設くずはの家を拠点に活動する「えのきの会」の岩石分科会と市環境共生課職員による清掃作業でコケなどが落とされたためで、しばらくはきれいな層を見ることができる。

 くずはの露頭は、約12〜13万年から5・5万年前にかけ堆積した地層。中央にある黄白色の2つの軽石層は、約9・8万年前に箱根火山から飛来したものだという。

 市内の小学6年生が学習で利用するため、年に1度はコケや草を落としきれいになるよう整備している。「市内で地層が見られる場所は珍しいので、この機会にぜひご覧ください」とくずはの家では話している。

 地層はくずはの家側からつり橋を渡り、右に曲がってすぐの「けやきの道」から河原に下りると見ることができる。
 

秦野版のローカルニュース最新6

55歳以上の雇用創出へ

秦野市

55歳以上の雇用創出へ 政治

生涯現役促進地域連携を開始

6月11日号

寄付

寄付 社会

6月11日号

SDGsパートナー5社に

SDGsパートナー5社に 社会

秦野市から4社を追加

6月11日号

夏休みの新聞作り講座

夏休みの新聞作り講座 社会

東公民館で全2回

6月11日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月16日〜5月29日

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter