秦野版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

路線バス継続運行を支援 1市3町で1740万円を交付

政治

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
通知書を受け取る堀社長(左から2番目)
通知書を受け取る堀社長(左から2番目)

 1市3町で組織する「秦野市・中井町・二宮町・大磯町広域公共交通連絡会」が10月28日、秦野市役所で「地域公共交通運行継続等支援決定報告式」を行った。今回の支援は、新型コロナウイルス感染症の影響で利用者数が減少している交通事業者の現状を踏まえ、路線バスの継続的な運営のために実施。1市3町区域を運行する神奈川中央交通(株)の路線バス174台に対し、1台あたり10万円を支援する。

 報告式には高橋昌和秦野市長、杉山祐一中井町長、村田邦子二宮町長、中崎久雄大磯町長のほか、同社の堀康紀取締役社長らが出席。高橋秦野市長から堀社長へ支援決定通知書が手渡された。

 高橋市長は「コロナ禍の中でも運行体制を継続いただいている。今回1市3町で相談し、地域住民の足を運行していただくための支援をさせていただくことになった。今後も継続をお願いしたい」と挨拶。堀社長は「支援金を有効に活用し、民間ではあるが公共交通の使命を全うし住民の足を守っていきたい」と感謝を述べた。

 1台あたりの支援金10万円は各市町の人口按分で算出され、秦野市は7万1千円、中井町は4千円、二宮町は1万2千円、大磯町は1万3千円を負担。手続きが完了次第、支援が行われる。

秦野市独自にタクシー支援も

 秦野市は同日同所、独自にコミュニティタクシーと市内タクシー事業者への支援も決定し、支援決定報告式を行った。

 当日は高橋市長が(株)愛鶴の飯田隆明代表取締役社長、秦野市タクシー協議会を代表し秦野交通(株)の佐藤彰洋代表取締役社長、相模個人タクシー協同組合の大田榮一氏、県央個人タクシー協同組合の堀江義一氏に支援決定通知書を手渡した。対象はコミュニティタクシー5台(10万円/台)、タクシー110台(5万円/台)、個人タクシー8者(5万円/者)で、支援金の合計640万円。

通知書を受け取るタクシー事業者ら
通知書を受け取るタクシー事業者ら

秦野版のローカルニュース最新6

55歳以上の雇用創出へ

秦野市

55歳以上の雇用創出へ 政治

生涯現役促進地域連携を開始

6月11日号

寄付

寄付 社会

6月11日号

SDGsパートナー5社に

SDGsパートナー5社に 社会

秦野市から4社を追加

6月11日号

夏休みの新聞作り講座

夏休みの新聞作り講座 社会

東公民館で全2回

6月11日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月16日〜5月29日

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter